健康食品の効く飲み方【コツ】

免疫力を活性化させるアガリクス等の機能性食品も有効な手段ですが、これらの食品は活性化させる飲み方をしなければ効果がありません。

‘○○でガンが治った’と言う広告がありますが、ウソではないのでしょうが、現実には治らない人のほうが圧倒的に多いのです。

宣伝通りなら、とっくの昔にノーベル賞ものですよね。

原因は“心と体が一体で生きている”ので心の作用が大きく治ると信じて飲むか、無関心に飲むかでその結果は正反対になって現れます。

温かい飲み物

代替医療の権威、帯津良一博士は『信じたものを、1つか2つ飲む方が治りが良い』とおっしゃっていますので、信じたものに心を込めて、丁寧に飲む事です。

あれも、これも、無闇に飲んでも効くものではありません。

この意識の違いが“万病に効くが万人に効かない”ゆえんかも知れません。

この重大なことを知らないのか、面倒だから言わないのか、売る方も医者も言いません。

再発を防ぐ

がんはなぜ再発するのでしょうか

現代医学はがんが転移した時にそれを叩く治療が中心で、原因は“放置”されています。

手術にしろ、抗がん剤、放射線治療にしても、その場しのぎの“応急処置”の治療なのです。

このような治療を対症療法と言い危急の時は助かるのですが、根本的な病気の治療にはならないのです。

応急処置的な対症療法はがんに限らずアトピー、ぜんそく、糖尿病、リュウマチ、腰痛、不眠症、神経系の病気………なんと難病が多いことでしょうか。

薬の山

悲しいかな、これが科学の実力で、完治するためのマ二ュアル、ノウハウもありません。

それでも医師の協力と自分の努力で再発を防いでいる人たちがいますが、多くの場合、再発してしまうのが現代の医療です。その時は治ったように見えても病原は残っているため、がんはまた増殖し再発します。結局、最後は自分の治癒力で治さなければなりません。

がんの根本的な治療とはなんなのでしょうか

がん細胞は健康な時でも、毎日5000~6000個生まれるといわれていて、神様でも治せない人類の宿命です。

しかし人間にはがんを叩く自然治癒力が備わっていて、毎日撃退しながら健康を維持しています。

がんを撃退する自然治癒力とガン細胞とのバランスが崩れた時、がんを抑えきれなくて発病します。

このバランスを回復することが根本治療です。弱った自然治癒力を活性化してがんを叩ける体になりましょう。

この簡単なことが、がんの再発を防ぐのです。

子供の笑顔

ページ上部へ