免疫力でガンが治った体験談

肺がん闘病記:イメージ画像

微量の放射線 ホルミシス効果

ホルミシス効果

黒鉱石が放射する微量のラジウム放射線やラドンは、生命活動を活性化して自然治癒力、新陳代謝を高めて病気を治し、若々しい体を保つ不思議な力があります。

放射線は物質を透過する力が大きいので体の内部に届き、細胞内に刺激を与え、身体によい影響をもたらすことが実験の結果確かめられてきました。

日本では多くの研究や臨床データがありますが、アメリカのラッキー教授の発表によって「ホルモンのように作用する」ところから「ホルミシス効果」と言われています。

放射線はDNAに少しの傷を付け自己修復を促し、修復のできない細胞は自殺させて、ガンなどの重大な病を未然に防いだりするのもその一つです。

免疫機能の活性化

がん抑制遺伝子p53の増加、免疫機能の活性化によるガン細胞除去能力が活性化することが確かめられました。

リンパ球増殖反応やマクロファージの活性化およびナチュラルキラー(NK)活性に対する増強等の作用も報告されています。

末期ガンから奇跡の生還 ホルミシス効果 イメージ画像

活性酸素の防御機能の増強

体内の活性酸素が過剰とならぬように制御する防御機構をもっているが、難病の多くは、活性酸素によって組織内の細胞が次々に死んでいくためです。

微量の放射線はこれらを解毒する、細胞内のSOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)やGPx(グルタチオンペルオキシダーゼ)が飛躍的な増加をすることが確認されました。

細胞の活性化

体を構成する細胞は、脂質の膜に包まれていますが、活性酸素やフリーラジカルなどによって脂質が酸化されると生命活動が低下します。微量の放射線により膜の過酸化脂質が減り、透過性が上昇するため栄養や酸素が届き活性化することが解りました。

ラドン温泉やラドン洞窟でなぜ難病が治るのか、まだ明かにされているとはいえませんが、放射線のホルミシス効果が大いに関係しているのではないかと考えられています。

今後、このような可能性に向けて更なる研究の推進が期待されています。

プロフィール

みのるくん
みのるくん

私は突然の末期ガン宣告から、自分で治すと決心し、ついに完治に至りました。 この記事は、かつての私のように、ガン宣告を受けて情報を探している方に向けて書いています。 私の体験談が、一筋の光になりましたら幸いです。

プロフィールつづき

私が使用したグッズ

参考図書

読者コメント

お問い合せ

肺がん闘病記 イメージ画像トップページへ

PAGE TOP