アガリクス:免疫力でガンが治った体験談

アガリクス

アガリクス茸は、もともとブラジルの奥地で、少数民族だけが秘かに常食しているキノコでした。

それが1960年代からの研究により、癌に効く免疫力を高める物質が高い含有率で含まれていることが発見され、日本の癌学会でも発表されて衝撃を与えました。

キノコにはもともと免疫力を高める多糖体が含まれていますが、特にアガリクス茸にはたっぷりと含まれています。

中でも活性β(ベータ)グルカンが多く含まれており、癌細胞の巣食う体内に、このβ−グルカンが入ると免疫細胞が活性化され、癌の進行を遅らせたり転移を防ぐという重要な働きをしてくれます。

またアガリクスには、癌退治の主役であるβ−グルカンのほかに、癌細胞の増殖を直接抑えるステロイド、発がん物質を吸着して対外に排出することが期待される食物繊維などが豊富に含まれており、どんな癌にもオールマイティな効力があるといえます。

他のキノコ類には対処できないとされている腹水ガン(癌細胞がバラバラの状態で腹腔の中に浮かんでいるようなガン)、胃がん、肺がん、癌象嵌、子宮がん、乳がんなど、あらゆるガンに対してアガリクスは効力を発揮することが臨床で確かめられています。

これらの知識を静岡大学名誉教授の水野卓先生の著書「食べて治す『がん』の特効薬」という本で得た私は、信頼できる商品をひとづてに探し、自分の信じられる乾燥アガリクスを飲みました。

免疫力を活性化させるキノコのチャンピオン。

免疫力や体力ががグッと落ちている方に、特におすすめします。

記事のなかで、筆者が試したグッズをご紹介しておりますが、当サイトでは販売はしておりません。

購入を希望される方は、商品名をインターネットで検索してみてください。

プロフィール

みのるくん
みのるくん

私は突然の末期ガン宣告から、自分で治すと決心し、ついに完治に至りました。 この記事は、かつての私のように、ガン宣告を受けて情報を探している方に向けて書いています。 私の体験談が、一筋の光になりましたら幸いです。

プロフィールつづき

参考図書

私が使用したグッズ

読者コメント

トップページへ

PAGE TOP